Regard

劇場鑑賞券『太陽がほしい 劇場版』

¥1,500

「私は慰安婦ではない」
中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。

1992年、東京で開催された「日本の戦後補償に関する国際公聴会」での、中国人女性・万愛花さんの証言により、中国人「慰安婦」の存在が明らかになった。当時、留学生として日本で学んでいた班忠義監督はその証言に衝撃を受け、万愛花さんの元を訪ねる。被害女性たちの多くは強烈な身体的、精神的暴力により、体調や精神に異常をきたしていたが、一切の補償を受けられず、戦後半世紀を過ぎても癒えることのない苦しみのただ中にあった。

本作では中国人被害女性だけでなく、元日本兵とその手下だったという中国人男性たちも証言をしている。かつて元兵士たちは公の場で自ら、中国人女性を拉致、監禁し、性暴力に及んだと語り、その内容は被害女性の証言と一致していた。しかし、戦争世代が少なくなるにつれ、日本国内では歴史修正主義が台頭。「慰安婦問題」は韓国女性を対象とした強制性の有無が議論の中心となっていく———。

商品カテゴリー:

説明


<予告編>


<公式サイト>

『太陽がほしい 劇場版』公式サイト

<仕様>

全国劇場にて『太陽がほしい 劇場版』上映期間中にご利用いただけます。
本券1枚につき、1名様限りご入場いただけます。
一部劇場では窓口にて入場整理券との引き換えが必要になります。
上映時間、期間など詳細は劇場及び公式サイトでご確認ください。

2018/中国・日本/108分/BD/ドキュメンタリー


<お支払い方法>

クレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)
郵便振替、銀行振込をご希望の方はこちらからお問い合わせください。


<配送・送料>

入金確認後、5営業日以内に商品を発送いたします。
(営業日:平日 11:00~17:00/定休日:土・日・祝、年末年始)

ご購入金額の合計が3000円以上で送料をサービスいたします。3000円未満の場合、送料として360円(全国一律)をご負担いただきます。当社の都合により、ご注文商品のお届けを2回以上に分割する場合は、2回目以降の送料を当社が負担いたします。